誹謗中傷対策

逆SEOの方法

逆SEO(リバースSEO)は、価値の高いサイトやWEBページを多く作成し、それらを検索結果の上位に次々と送り込むのが基本的な方法です。 それによって、個人名や会社名で検索したときに表示されるネガティブなサイトの順位を下落させます。

やり方

逆SEOには様々なやり方があります。個別のケースごとに、最適な手法を考え、実行する必要があります。ただ、いかなるケースにおいても、何らかの新しいWEBサイト(WEBページ)をつくらなければ、対策を成功させることはできません。つまり、「新しいWEBページを作成し、それらを検索の上位表示させることによって誹謗中傷サイトを押し下げる」のが逆SEOの基本となります。

コンテンツ

WEBページ作成にあたって重要なカギを握るのがコンテンツです。グーグル(Google)などの検索エンジンから高く評価されるような「質の高いオリジナル・コンテンツ」が不可欠です。また、「分散サーバー」や「マルチドメイン運用」も必要になります。

問い合わせ

その1:WEBページ作成

逆SEO対策の最初のステップとして欠かせないのが、新しいWEBサイト・WEBページの作成です。既存のWEBサイトやページだけでは、誹謗中傷サイトの検索順位を大きく下げることは困難です。(なお、逆SEOのためのサイトや新規ページの制作・構築には、独特の技術やノウハウが必要となります。通常のWEBサイトをつくっても、中傷サイトを押し下げる効果はあまり期待できません。当社(WEB広報)のような逆SEOの専門会社に制作・運用をお任せいただくのがベストです。)

中身の質

逆SEO用のサイトやページには、優れたコンテンツが必要になります。中身のないページやブログではSEO効果は発揮できません。Googleなどの検索エンジンは、検索順位を決めるにあたって、コンテンツの「質」を何よりも重視しており、中身が貧弱だと、検索結果を変えられません。

文章

コンテンツの中でも特に重要なのが文章です。中身が充実していて、かつ独自性の高い文章を配置しなければなりません。高品質の文章で構成されたサイトなら、長期にわたって順位が安定しやすいです。

コピペはペナルティ対象

既存のサイトからコピー(コピペ)したり、中身がない低品質のコンテンツを使用したりすると、逆SEO対策そのものがスパム行為と見なされて、ペナルティの対象となり得ます。その結果、誹謗中傷サイトの評価が相対的に高くなり、順位がかえって上昇してしまう恐れもあります。

ブログやSNSも中身が重要

通常のWEBサイトに限らず、ブログやSNSを展開してSEO対策を行う場合でも、コンテンツの質が重要です。Facebookやtwitterも、投稿する文章のクオリティによって、逆SEOの効果が大きく変わります。どうようなコンテンツが検索エンジンに評価されやすいかは、当社のような専門会社が熟知しています。

その2:分散

多数のドメインの運用ノウハウ

逆SEO対策を成功させるためには、多数のドメインやサーバーを運用する必要があります。1つのドメイン、一つのサーバーでは、検索順位は1個分しか稼げません。誹謗中傷サイトの下落効果が限定的になります。 多数のドメインを用意し、分散されたサーバーで運用することで、はじめて誹謗中傷サイトの大幅にランクダウンが可能となります。当社のような専門会社であれば、逆SEOに最適なサーバー及びドメイン網を構築し、WEBサイトを最適な形で配置・運用します。それによって、逆SEOを早期に成功へと導きます。

その3:良質なリンクの確保

逆SEOと被リンク

逆SEO対策を行う際には、良質な外部リンク(被リンク)を確保する必要があります。ポジティブなサイトに対して、質の高いリンクを貼ることで、ポジティブサイトの順位が上がります。それによって、結果的に誹謗中傷サイトの順位を押し下げることができます。

良質なリンクの条件

「良質なリンク」とは、以下の条件を備えたものです。
(1)リンク元のコンテンツの質が高く、かつリンク先のコンテンツの内容と関連性がある
(2)リンク元のサイトが検索エンジンから高い評価を得ている
(3)IPアドレスがCクラス以上で分散されている

見られて恥ずかしくないリンク

逆SEO対策用の被リンクを設置する際の大前提として、リンクの上に表示される文字(アンカーテキスト)が、対策ワードと一致してなくてはなりません。つまり、会社名で対策を行いたいのなら、リンクは社名にかぶせる形で貼る必要があります。

注意しなければならないのは、質の悪いサイトにリンクを貼ると、それ自体が風評被害の元になる恐れがあるということです。逆SEO対策の一環としてリンクを貼る際には、どのようなサイトにリンクを貼るのかをしっかりと見極める必要があります。WEB広報では、品質の高いメディアサイトを多数保有しており、そこから逆SEOに最適なリンクを配置します。

その4:サイトの更新

効果を持続させる

逆SEO対策でせっかくサイトをつくっても、内容を更新しなければ、順位が下落してしまいます。定期的にコンテンツを追加することで、検索順位をさらに上げることができます。ただ、永遠に更新を続ける必要がありません。 一定の期間にわたって更新の実績を積み上げれば、その後は放置しておいても、順位が下落しない場合が多いです。

その5:マルチドメイン運用

「ドメイン」が中傷対策のカギ

法人様のインターネット上の誹謗中傷対策は、マルチドメインの運用が成功のカギを握ります。複数の有力なドメインを上手に活用できれば、自社で検索結果の順位をコントロールしやすくなります。

とはいえ、乱暴なやり方で多数のドメインを使ったSEO(マルチドメインSEO)を行うと、Googleなどの検索エンジンからスパム行為と認定され、ペナルティが課される可能性があります。当社のように、Googleの最新のアルゴリズムを熟知した専門会社にご依頼いただくことをおすすめします。

ドメイン1個は時代遅れ?

企業が常にレピュテーションリスクにさらされているネット時代において、ホームページ(公式サイト)のドメインが1個しかないという状況は是非とも避けたいところです。ドメインが1個しかないと、誹謗中傷されたときに、そのサイトの上位表示を簡単に許してしまうことになります。

単独ドメインに多数のページは非効率

また、通常のSEOの観点からも、1個のドメインに数十ページ以上にわたるコンテンツを集約させるのは非効率です。複数ドメインに分散させることで、SEO効果を高めることができます。ドメイン分散型SEOについては、業界トップの技術を誇るWEB広報にお任せ下さい。

問い合わせ

「有益な情報を伝える」という発想

逆SEOの目的は、ネガティブサイトの検索順位を下げることです。 ただ、実際に対策を行うにあたっては、「情報発信」という視点が必要になります。 消費者やクライアントに様々な角度から情報を伝えるのです。 有益な情報や知識を共有することで、結果として検索対策で有利な立場に立つことができます。 よりスピーディーにネガティブサイトの順位が下がり、企業のレピュテーション(評判)の早期改善につながります。 すなわち、逆SEOは検索エンジン対策であると同時に、企業の広報活動の手法一つということです。 悪評やネガティブな口コミのもみ消しを図るのでなく、ネガティブ情報とも正面から向き合いつつ、企業としての姿勢や活動内容を明かにしていくという発想を持つことが、成功への近道です。

WEB広報だからできる独自の対策

実績で裏付けられた手法

WEB広報では、独自の手法を駆使して、効果の高い逆SEO対策を行います。その多くが企業秘密であるため、残念ながらネット上では公開できません。お問い合わせ下さい。

料金

当社の逆SEOは、個人名の対策が月額3万円~、法人名の対策が月額5万円~です。

検索ワード料金
お名前(個人名)月額3万円~
法人名月額5万円~

問い合わせ